浦安市で賃貸マンションの物件探し

2017年10月に世田谷区から浦安市へ引っ越しをした。
2017年9月に物件を探した時の記事。

8月下旬

世田谷区の2DKのマンションが手狭になってきたので引っ越しを考える。

理由は、

娘が2歳になって遊び方が活発になってきて、遊ぶ場所が狭いからかわいそう。。
雨の日に家で遊ばせると、狭いからかイライラされる。
雨の日が続くと遊びにいけないので、かわいそう。
収納が少ないので、3人分の衣類や、娘のおもちゃがなかなか片付かない。
下駄箱が狭いので、3人分の靴であふれている。
キッチンのコンロや収納が狭いので、料理することが大変。
車がないので出かけるのが大変。

「アットホーム」や、「ホームズ」の地図検索を使って広めの部屋を探すけど、
都内23区では、2DK以上の物件の場合、家賃相場が大体同じ・・・。

なかなかいい部屋が見つからない。
「どこも同じ家賃だったら、このまま住み続けるか・・・」とか、
いろいろ考え事える。

9月初旬

物件を探し始めて1週間が過ぎると、やけくそになってきて、
「アットホーム」の地図検索機能を使って、
思いっきり東西南北にマウスをドラッグして遊び始める。

すると、実家から車で15分ほど行ったところにある浦安市に、
世田谷区よりも広い物件が何件も出てきた!

前から、娘を連れて実家に遊びに行っても、
「この街の近くでは、住むことが無いだろう」と思っていたから、
家賃相場も調べようとしなかったし、
どんな物件があるのかも知らなかった。

実家から近い分、震災時に液状化して、
どれだけ被害がひどかったのか知人の話で知っていたから、、
住もうと思わなかったし、物件も見に行こうとも思わなかった。

内見したい物件を10件ほどピックアップして、不動産屋にアポをとる。

-メガネパパ「9月XX日にXXマンションを午後1時頃からみたいのですが。」
-不動産屋さん「大丈夫ですよ。お待ちしております。」

そんな感じの会話だったと思う。

今日は浦安市の物件を見に行く日。
娘を保育園へ送って、車で浦安市に向かう。

この時は、物件に対して全く期待していなかった。

それにしても、世田谷区から浦安市まで遠い・・・。
googleのマップでは1時間で着く予定が、2時間近くかかった。

浦安市で昼ご飯を食べようとしたのに、
不動産屋さんに内見の予約を入れた時間が近かったので昼食は取れなかった。

不動産屋さんのの車に乗り換えて浦安市のマンションを見に行く。
車から外を眺めると、液状化したのが嘘のようにきれいな街に戻っていた。
緑も多いし、子供と遊べる公園も多いからいい街なのかもと思い始めた。

この日は、同じマンション内に4部屋空いている物件を案内してもらった。
その物件は、駅から車で10分くらいの距離にある。
マンションの駐車場から部屋まで凄く遠い。
5分は歩いたかも。

駐車場から部屋まで遠くても、中を見るとテンションが上がった!
「玄関広い!!」「部屋広いね!」
「ドアがいくつもあるから迷子になるね!」
「収納多い!!」「風呂広い!!」
「ベランダも広い!」

世田谷区で住んでいた時のマンションは、
ベランダの窓を開けたら幼稚園の園庭。
洗濯物をしていると園児に「何してるの?」と話しかけられる。
風の強い日は、園庭の砂埃が立つから窓を開けれない。
50㎡ほどなので、3人で住むには少し窮屈。
キッチンが狭いから、何品も料理を作れない。
風呂が狭いから娘と入るには窮屈。

そんなマンションに住んでいたら、
浦安市のマンションは、すごく広く感じる。

この日は、17時に娘のお迎えがあるので、
2時間くらいしか内見する事が出来なかった。

今日は、4部屋案内してもらって午後15時で内見終了。

-メガネパパ「今日は物件の案内ありがとうございました。」
     「来週、他の物件を見ることはできますか?」

-営業   「出来ますよ。」
     「まだまだ案内できていないので、次回はもっとほかの物件をご紹介します。」

なんて、優しい営業のお兄さんだ。

妻と帰りに、駅前のソバ屋で遅めのランチを食べた。
その時に、浦安市に本当に引っ越すか話し合いをした。
どちらも引っ越したいという意見。

ただ、どこのマンションも駅から遠いので車が必要だと感じた。
来週、ほかの物件を見てから契約をする事にしよう。

9月中旬

2回目の物件探し。
この日も朝、娘を保育園に送った後、車で浦安市へ向かう。

その日は、高速道路を使ったから1時間30分ほどで到着した。
不動産屋さんの営業の方の車に乗り換えて、本日1つ目の物件を内見。

先日見た物件が気に入っていたので、この物件は、あまりピンとこない。
普通のマンションという感じ。世田谷区のマンションと何も変わらない。

ただ、先日見た物件は、一部屋に扉が2つある。
話によると、あとで増改築ができるように2つ用意しているという。
一部屋に扉が2つあるのは、少し不気味だ。

2つ目はURを内見。
手数料が無料で、礼金敷金がないのはおいしいけど、
築年数が古いので、ピンとこない。
ただ少しは利点もある。
リムジンバス乗り場に近い、郵便局が近い、スーパーが近い。
古いのが気になるから却下。

3つ目は駅から車で8分くらい行ったところ。
建物もしっかりしていて、エントランスがきれい。
共有部分に、温泉やジムも付いている!

暑い日も寒い日も、快適な室内で運動を楽しめる。
しかも夫婦でジムに通ってもタダみたいな料金。
しかも、通信費が安い!電話回線引いても毎月1000円以内!
世田谷区に住んでいるときは、
自宅と、事務所の2つで通信費を毎月2万円払っていたから凄いお得!
駐車場代も世田谷区の10分の1の料金。

共有部分の廊下は、普通のマンションの廊下だが、
玄関を開けてびっくりした!

玄関も廊下も部屋も広い。ベランダで寝泊まりできそうだし、景色も最高!
物件探し始めは、「ディズニーランドの花火が見えるところ!」が
いいなんて言っていたけど、この部屋なら見えなくても大満足!
しかも間取りは4LDK!

家賃は、世田谷区の時よりも5万近く高くなるが、
事務所の家賃、光熱費、通信料など合わせると、10万近くお得になる。
車を買ってローン代を払ってもいくらか残るし、スーパーが遠い分節約にもなる。

世田谷区に住んでいるときは、ランチは毎日外食、スーパーは仕事帰りに寄って、
その日の食材を買っていたから食費が高くついていた。

妻もここの物件を大変気に入っていたし、
毎月かかる費用も節約出来るので、ここの物件に決めた。

世田谷区は、都心で働く人には住みやすい街だと思う。
独身にも優しい街。理由は、おしゃれなレストランや、洋服店など、なんでもあるから。
独身で一人暮らしだったら、部屋が狭くても我慢できる。
キッチンが狭くて料理が作りにくいなら、外に食べに行けばいいし。
お友達が遊びに来たら、おしゃれな居酒屋に行けばいい。

ただ、小さい子供が居る家族には、とても住みにくい。
部屋が狭いと雨の日続く日は、子供にストレスを与えてしまう。
保育園になかなか入れない。
子供向けの施設が少なく、あっても辺鄙なところにある。

勤務先から近くてきれいな街に住むか、都心から離れて快適に暮らすかの違いなのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です